日々学びのある環境で、
最大の当事者意識を持って
仲間と切磋琢磨していきたい。

  • システムソリューション事業部
  • 久保
  • 2019年 入社 業界未経験

フラットな思考によってもたらされた新しいスタート

前職は中学校で理科の教師をしていました。
生徒たちに向き合い授業をしていくことは本当に楽しく、充実した毎日を送っていました。しかし、授業以外の部活動を中心とした課外活動など、日々多忙な生活の中で、ワークライフバランスを考えた働き方をしたいと感じ、転職を考えるようになりました。教員生活を通じて人に教えていく楽しさを感じていた私は、塾講師の仕事を転職先にと考えていましたが、それと同時に漠然と「新しいことに挑戦をしたい」という思いもありました。
視野を広げて転職活動をする中でSSCに出会い、選考の中でSSCの雰囲気やチームで働くやりがい、難しさを示してもらえたことが入社の決め手となりました。
この選択は、これまでの自分の固定観念や先入観をなくし、フラットな視点で見つめなおせたからこそできたと感じています。

あらためて感じる仲間との「絆」

入社してしばらくはシステムテストなど先輩社員のアシストをする形での業務から始まり、現在では上流の要件定義など開発工程が一通りできるようになってきたことで自身の成長を実感しています。
これまでの業務の中で開発工程が遅れそうになったこともありました。そんな中、同じプロジェクトのメンバーのみならず他の先輩社員から、現状の私の課題に関して優しくアドバイスをもらえたことは、まさにチームで働く喜びを実感できた出来事です。

自分がやらなきゃ誰がやる!最大の当事者意識をもって

将来はヒューマンマネジメント/プロジェクト管理双方ができる人間になりたいと考えています。
私たちの仕事は同じプロジェクトメンバーのみならず、仲間との連携が必要不可欠です。自身もゆくゆくはチームの要となれるよう、業務の中で「プロジェクトマネージャーがどういう仕事をしているか?それによる周囲のリアクションはどうなのか?」ということを気にするようにしています。
現在はプロジェクトミーティングの場で発言の機会を増やすことでアウトプットし、積極的にフィードバックをもらうようにしてます。「仲間との切磋琢磨」できる環境だからこそ、日々学びがあり、思い描くキャリア形成の実現に一歩前進できると思っています。