先輩インタビューINTERVIEW

福島 可奈永

夢はリーダーとなって
チームを作ること

ITコンサルティング事業部 I 2018年入社
福島 可奈永
KANAE FUKUSHIMA

SSCに入社した理由は?

 前職は医療機器の営業で、まったく畑違いの仕事でした。
 最初はひたすら忙しく働いていたのですが、ふと将来を考えたとき、専門職として“手に職をつけたい”という思いが強くなりました。結婚後もずっと仕事を続けられる、そんな仕事はないかなあと。
 そのとき、大学時代に初歩的なプログラミングを経験したときの「楽しかった!」という気持ちを思い出し、将来性を感じるITの仕事に就きたいと考えました。その職種の中で、いちばん興味をそそられたのがITコンサルタントでした。
 でも、未経験者を採用する会社はなかなかありません。探していくうちに出会ったのが、未経験者でもITコンサルタントを目指せるSSCだったのです。

研修内容は?

 入社したばかりで、今まさに研修中です。
 プログラミング言語のJavaを1ヶ月ほどテキストで学び、つい最近初めてプログラムを完成させました。現在は、ABAPという言語を勉強中で、6月にSAPの認定資格の取得をめざしました。
 プログラミングの知識はほぼゼロに等しかったので、勉強漬けの1ヶ月でしたが、自分で考えたものがカタチになるのは楽しいですね。ちょっとしたミスによってプログラムが動かず煮詰まることもあるのですが、その問題点がわかり、一気に動き始めたときは「やった!」と思います。

将来の目標は?

 やはりITコンサルタントとしてきちんとした提案ができ、お客様から「あなたにやってほしい」と指名される存在になりたいですね。
 理想は自分がリーダーとなり、ITコンサルティングのスペシャリスト集団をまとめ上げ、「福島チーム」をつくること(笑)。それまでは提案力を身につけるために、いろいろな現場を経験したいと思っています。

後輩社員へのメッセージ

 悩んでいる人には「IT業界に入りたい」というざっくりした理由でいいから、一度SSCを受けてみて、と言いたいですね。教育プログラムがしっかりしているので、やるべきことが明確になり、目標もはっきりします。
 また、社員同士が交流できる懇親会も多く、事業部ごとや同期が集まる飲み会もあり、じつは今日もあるんですよ(笑)。
 そんな風に社長や上司との距離が近くて、フラットに話せる。風通しがいい職場環境だと思います。

TO PAGETOP